後遺症の見落とし

交通事故による後遺障害等級認定で、不当な認定をされたという人はあとを絶ちません。自分は大丈夫だろうと過信していると、泣きを見る人が多いのです。等級認定を受けるためには、後遺障害を書面で示す必要があります。加害者側の保険会社に提出する書類は、自賠責保険支払請求書兼支払指図書・後遺障害診断書・交通事故証明書、事故発生状況報告書・レントゲン、MRI等の画像・診療報酬明細書及び診断書(毎月発行されるもの)。見た目や画像のみで後遺障害が判断しきれればよいのですが、目には見えない障害が残っている場合もあります。そのような障害も、医師に訴えることで、診断書として書面に残す必要があるのです。

書面に記載されていないことは、等級認定の審査で考慮されません。記載漏れ以前に、検査漏れなどがある場合も、等級認定を受けられない原因となり得ます。認定基準にはあいまいな部分もあり、障害を見落とされる可能性もあるのが現実。交通事故の損害賠償金は障害等級に基づいて決まるため、見落としによって低い等級にされてしまうことはよくあります。これを防ぐためには、弁護士に相談して等級申請の手続きに不備がないようにサポートしてもらうことが大切です。