後遺症と弁護士相談

交通事故の被害に遭って、弁護士に相談しようとすぐに考える人は少ないのが現状です。損害賠償については保険会社に申請すればよいことですし、それで万事うまくいくと思っている人が多いのです。しかし、交通事故によって後遺症をもたらした場合は、話が別です。後遺障害には等級認定を申請することができ、認定されれば、その後の生涯にわたって保証を受けられる可能性が出てきます。後遺障害等級の認定は、加害者に請求する慰謝料の額にも関係してきます。そのため、等級の申請を依頼するときは、加害者側の保険会社か自ら行うか、2つに1つの選択を行うのです。

後遺障害は、将来的な労働力を損失することをも意味しています。この割合を算出するためにも、後遺障害等級認定を取得する必要があります。保険会社にも、裁判になった場合でも必要と考えておいたほうがよく、取得に不備があれば、損害賠償金の請求に大きな差が出てきます。現実には、後遺障害の見落としや漏れが出てくるもの。等級を申請する際の診断書などに記載がない後遺障害は、等級の判定対象にならないためです。提出する全ての書類に不備を出さないためには、交通事故被害の後遺障害についてくわしい弁護士に頼る方法が安心。病院で医師に診断書を書いてもらう際のサポートをはじめ、保険会社に異議を申し立てしたいときにも、弁護士の力が頼りになります。もちろん、まずは何から手をつけたらよいかを相談することもできます。