事前認定と被害者請求

交通事故被害に遭って後遺障害が残り、障害等級認定を受けようとする場合、一般的には保険会社に手続きを依頼するケースがほとんどです。自分で等級認定の申請を行うことも可能ですが、保険会社に任せたほうが手続きが楽でしょう。ただし、このとき手続きを申請する保険会社は、加害者側の保険会社だという点に要注意です。加害者側の保険会社に等級認定の申請手続きを依頼することを、事前認定といいます。後遺障害として書面に記載された内容は、保険会社では判断をしません。後遺障害について調査を行うのは、損害保険料率算出機構です。

保険会社が後遺障害について判断しないということは、仮に障害についての見落としや記載漏れがあっても、何も問われずにそのまま損害保険料算出機構に書類がまわってしまうということ。等級の結果に不満があれば、保険会社に対して異議を申し立てることもできますが、この手続きは素人には困難です。事前認定の他には、被害者請求という自身で申請を行う方法があり、こちらも簡単な手続きではありません。

適正な後遺障害等級認定を取得するためには、専門的な知識と行動が必要なのです。これをかなえるためには、弁護士に相談するのが近道です。